ここからページコンテンツが開始します

武市 昇

武市 昇
氏 名武市 昇 (TAKEICHI Noboru)
博士(工学)
職 位准教授
E-Mail takeichi@tmu.ac.jp
研究室HPhttp://www.comp.sd.tmu.ac.jp/navi/外部リンク

担当科目

  • 応用数学力学演習
  • 基礎制御工学
  • 情報リテラシー
  • 航空交通管理特論(大学院)

研究室紹介

航空宇宙システムの真価はその利用と活用にあります。当研究室ではそのような観点から「社会基盤としての航空宇宙システム」に着目し、航空交通管理や将来の宇宙基盤の研究を行っています。

研究内容

衛星測位と航空通信・監視技術の発展により航空交通システムはこれから大きな変革を迎えます.当研究室では四次元航法・自律間隔維持・軌道最適化などの研究テーマに取り組んでいます。洗練された航空交通管理手法を明らかにし,さらにそれを世界の空で実現することが目標です.また、将来の我々の生活に大きな発展をもたらし、脅威を防ぐための宇宙開発の研究も行っています。宇宙エレベータの建造方法や、宇宙デブリ除去システムの軌道制御、地球近傍小惑星の軌道変更の研究を行っています。

現在のある一日の航空機の運航の様子
現在のある一日の航空機の運航の様子

最近の発表論文

  1. Hori, Y. and Takeichi, N., “Numerical Investigation of Flight Trajectory Deviation during Curved Approach,” Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12, No. , Sep. 2014, pp. 51-58.
  2. Nakamura, Y., Takeichi, N., and Kageyama, K., “A Self-Separation Algorithm using Relative Speed for High Density Air Corridor,” Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 57, No. , Sep. 2014, pp. 336-342.
  3. 武市 昇, “宇宙エレベータ初期ケーブル伸展システムの検討,” 日本航空宇宙学会論文集, Vol.62, No. 4, 2014年8月, pp. 143-147.
  4. Takeichi, N., Nakamura, Y., and Kageyama, K., “Aircraft Self-Separation Algorithm for High Density Air Corridor Operation Based on Flight Intent,” Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 57, No. 3, May 2014, pp. 179-185.
  5. Takeichi, N., Hatano, T., and Fukuda, Y., “Arrival Time Control during Continuous Descent and its Application to Air Traffic Control,” Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 56, No. 5, Sep. 2013, pp. 269-276.
  6. Takeichi, N., “Geostationary Station Keeping Control of a Space Elevator during Initial Cable Deployment,” Acta Astronautica, Vol. 70, Jan.–Feb., 2012, pp. 85–94.
  7. Takeichi, N., “Parametric excitation induced by solar pressure torque on the roll-yaw attitude motion of a gravity-gradient stabilized spacecraft,” Celestial Mechanics & Dynamical Astronomy, Vol. 108, No. 4, Dec 2010, pp.405-416.
  8. Takeichi, N., and Inami, D., “Arrival Time Controllability of Tailored Arrival subjected to Flight Path Constraints,” Journal of Aircraft, Vol. 47, No. 6, Nov-Dec 2010, pp.2021-2029.
  9. Takeichi, N., Sakai, T., Fukushima, S., and Ito, K., “Tropospheric Delay Correction with Dense GPS Network in L1-SAIF Augmentation,” GPS Solutions, Vol. 14, No. 2, Mar., 2010, pp.185-192.

受賞

  1. 第24回 日本航空宇宙学会 学会賞(論文賞)、2015年
  2. IEEE AES Japan Chapter Best Paper Award、2008年
  3. 第14回 日本航空宇宙学会 学会賞(奨励賞)、2005年
  4. Luigi G. Napolitano Award, 52nd International Astronautical Congress、2001年

所属学会・学会活動

  1. 日本航空宇宙学会:理事・論文編集委員・学会誌編集委員・航空交通管理部門(幹事・委員)・中部支部(幹事長・幹事)
  2. 日本オペレーションズリサーチ学会
  3. 電子情報通信学会
  4. AIAA
  5. IEEE