ここからページコンテンツが開始します

渡辺 直行

渡辺 直行
氏 名渡辺 直行 (WATANABE Naoyuki)
工学博士
職 位教授
E-Mail nwatana@tmu.ac.jp
研究室HPhttp://www.aerospace.sd.tmu.ac.jp/wat/別ウィンドウ

担当科目

  • 弾性力学
  • 航空宇宙構造力学1
  • 航空宇宙構造力学2
  • 材料構造力学演習
  • 複合材料構造力学特論(大学院)

研究室紹介

航空宇宙の分野において,特にロケット・衛星においては極限までの軽量化と高信頼性が要求される.構造としてこの要求に対処するには、特殊な最先端の知識・技術だけではなく広い十分な基礎的知識が必要とされる.さらに重要なことは,一見不可能に見えることに対してもたゆまぬ熱意と興味をもって努力し続けることが、実際のプロジェクトの成功の裏には必ず多数存在するといっても過言ではない.

当研究室では,上記分野の広くバラエティーに富むテーマで、理論・解析を中心に、実験による確認も含めて研究を行っている.卒研生、院生とも基礎力の充実にも力を入れ、世界的名著等の輪講も行っている.またテーマによっては、宇宙科学研究所および航空宇宙技術研究所と密接にタイアップし共同研究を進めている.

研究内容

本研究室の研究テーマは大きく3つに分かれます.

高温加熱を受けた耐熱複合材パネル
高温加熱を受けた耐熱複合材
パネル
  1. 複合材料(三次元複合材,二次元平織複合材,セラミックス基複合材料等)
  2. 構造振動解析(粘着層付薄膜による制振,粘性流体/構造連成問題,ゴム膜/流体連成問題等)
  3. 構造解析(衝突解析,弾塑性大変形解析等)
    有限要素法による解析的研究が主体ですが,テーマによっては航空宇宙技術研究所等で実験を行っています.

最近の発表論文

"A New Simplified Finite Element Method for Elastic-Plastic Analysis of Plate Bending Problem," Computers and Structures, Vol.28, No.4, 1988, pp.495-503.
 "Effects of Atmospheric Density Gradient on the Stability and Control of Tethered Subsatellite," Journal of Guidance, Control and Dynamics, Vol.12, No.3, May-June 1989, pp.431-433.
 "Integrated Direct Optimization of Structure/Regulator/Observer for Large Flexible Spacecraft," AIAA Journal, Vol.28, No.9, Sept., 1990, pp.1677-1685.
 "Vibration Suppression by Variable-Stiffness Members," AIAA Journal, Vol.29, No.6, June, 1991, pp.977-983.
 "Development Status of M-V Rocket Structures and Mechanisms," Proceedings of 18th ISTS, Kagoshima, JAPAN, May 1992, pp.503-507.
 "Stress and Failure Analysis for Cross-Plied Curved Composite Laminates," AIAA Journal, Vol.33, No.12, 1995, pp.2433-2435.
 Experimental Stress-Strain Behavior of SiC-Matrix Composites Reinforced with Si-Ti-C-O Fibers and Estimation of Matrix Elastic Modulus," Composites Science and Technology, Vol. 58, January 1998, pp.51-68.
“Interlaminar Fracture Toughness of 3-D Orthogonal Interlocked Fabric Composite,” Composites Science and Technology, August, 1999, Vol. 59, No. 8, pp. 1261-1270.
“FEM Simulation of a Modified DCB Test for 3-D orthogonal Interlocked Fabric Composites,“ Composites Science and Technology, June 2001, Vol. 61, No. 8, pp.1097-1107.
 "Multiple Cracking and Tensile Behavior for an Orthogonal 3-D Woven Si-Ti-C-O Fiber/Si-Ti-C-O Matrix Composite," Journal of American Ceramic Society, Vol. 84, No. 7, July 2002, pp. 1565-1574.
 ねじり試験による直交三次元織物SiC繊維/SiC基複合材料のせん断弾性率特性”、平成15年10月、日本複合材料学会誌、Vol. 29、No. 5、pp184-192.
 粘着層付き薄膜を有する制振機構に関する研究”、平成17年2月、日本航空宇宙学会論文集、Vol. 53、No. 613、pp. 43-50.
 微視的三次元海綿骨モデルの構築と骨量減少を想定した均質化法解析”、平成18年10月、日本臨床バイオメカニクス学会誌、27巻、pp. 61-65.
 Kevlar縫合CFRP積層板層間強度特性の実験的研究”、2006年11月日本複合材料学会誌、32巻6号、pp. 244-253、2006年11月.
 DCB Test Simulation of Stitched CFRP Laminates Using Interlaminar Tension Test Results”, Proc. of 16th International Conference of Composite Materials, July, 2007, Kyoto, Japan, CD-ROM ThBM1-07.
 "Damage Developement Analysis Based on Strain Energy Release Rate for 3-D Woven Composite," Proc. of 13th European Conference on Composite Materials, June, 2008, Stockholm, Sweden, CD-ROM 2205.

受賞

  1. 2006 日本複合材料学会誌論文賞, Kevlar縫合CFRP積層板層間強度特性の実験的研究.

所属学会・学会活動

  1. 日本航空宇宙学会
  2. 日本複合材料学会