ここからページコンテンツが開始します

理念・教育方針

航空宇宙技術は,私達の日常生活に不可欠なものとなっています.航空機を利用した高速輸送,衛星を利用した通信,放送,天気予報などがその一例です.海難救助や離島の医療活動に見られるように,私達の生命と財産を守る場面においても,航空宇宙分野の技術が活躍しています.そして,航空宇宙技術により,今日人間の活動は地球から離れ,スペースシャトルや宇宙ステーションにまで及んでいます.航空宇宙システム工学コースでは,これら航空機・宇宙機の開発やそれらの実現に必要不可欠となる要素技術・システム設計技術に関する教育を行い,航空宇宙分野はもとより,広く次世代科学技術の発展を担うことが出来るような,応用能力に富み,かつ,広い視野を持った技術者・研究者の育成を目指しています.

当コースでは,空気力学,飛行力学,熱力学,推進工学,構造力学,制御工学,材料工学など航空宇宙工学を支える基礎学問を講義,演習,実験の三位一体で習得します.翼や機体の風洞実験,エンジンの燃焼実験,スペースチャンバーを用いた高真空環境実験などは航空宇宙システム工学コースならではの実験実習です.さらに,衛星通信など,宇宙の利用に関する講義も行われております.

4年次では研究室に配属され,各分野専門の教員の指導のもとに卒業研究が始まります.教員1名あたりの配属学生数は平均4名となっており,個々の学生に対して細やかな教育・研究指導体制が整えられています.研究室配属後は3年次までの「解答」の与えられた学習内容とは異なり,専門的な学術論文を読んで問題点を見つけ,課題を自ら設定・解決し,これを他人に伝えるという,情報発信型の教育に変化します.論理的な思考とディスカッションの方法を習得することも,世界に通用する技術者となってゆくためには,必要なことです.

               (Adobe PDF2.83MB)

カリキュラム

当コースのカリキュラムでは、航空宇宙工学の柱となる教育分野を、(1)空気力学と熱・推進工学を対象とする科目群、(2)航空機・宇宙機の力学・制御ならびに宇宙利用分野を対象とする科目群、(3)航空機・ロケットの材料・構造力学を対象とする科目群の3つに大別し、講義・演習・実験の三位一体で学んでいきます.

時間割例《平成29年度(2017年度)1年次生向け》(Adobe PDF244KB)
時間割例《平成29年度(2017年度)2年次生向け》(Adobe PDF402KB)
時間割例《平成29年度(2017年度)3年次生向け》(Adobe PDF218KB)

区分1年2年
都市教養科目群 基礎ゼミナール,教育英語
情報教育,都市教養プログラム
共通基礎教養科目群 共通教養科目,理工系共通基礎科目





航空宇宙
基礎科目
(選択必修)
航空宇宙工学概論

流体力学1・2
熱力学1・2
基礎振動工学
基礎制御工学
応用数学力学演習
設計製図

空力・推進
分野科目
(選択必修)
   
制御・宇宙利用
分野科目
(選択必修)
   
材料・構造
分野科目
(選択必修)
  材料強度学
航空宇宙材料学
区分3年4年





航空宇宙
基礎科目
(選択必修)
航空宇宙工学実験1・2
数値解析演習

 
空力・推進
分野科目
(選択必修)
空気力学1・2
数値流体力学1・2
推進工学1・2
熱輸送工学
熱力学演習
燃焼工学
宇宙推進システム工学
数値流体力学演習
制御・宇宙利用
分野科目
(選択必修)

宇宙航行力学
航空宇宙情報システム工学
航空宇宙制御工学
飛行力学
宇宙機制御工学
宇宙電波工学
制御プログラミング演習

宇宙プロジェクト工学
宇宙機システム工学演習
材料・構造
分野科目
(選択必修)

航空宇宙構造力学1
材料組織学
弾性力学
航空振動工学
飛行機設計論

航空宇宙構造力学2
材料構造力学演習
特別研究
(必修)
  航空宇宙システム工学特別研究1・2
学部共通科目  システムデザイン論 科学技術英語第一・第二
産業と法規

学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針については,以下のページをご覧ください.
http://www.kisokyo.tmu.ac.jp/kyomu/dpcp/6-05.pdf外部リンク

入試案内

入試案内については下のページをご覧下さい.

首都大学東京入試案内のページへ外部リンク