ここからページコンテンツが開始します

実験設備

回流式大型低速風洞

回流式大型低速風洞

 回流式大型低速風洞(写真)は,乱れの少ない気流を作るための装置で,その気流中に航空機模型などを設置することにより機体まわりの流れの様子を調べることができます.この装置は,学生実験や空気力学に関する研究,企業からの受託研究・共同研究に使用されています.

最大風速35m/s
測定部径1.75m

遷・超音速風洞

 遷・超音速風洞装置は,音速に近い遷音速の空気流や音速を超えた超音速の空気の流れを生み出せるため,高速飛翔体周りの流れの様子や,エンジン内で高速で回転する翼列周りの流れなどを調べることができます.写真は音速の0.5倍から1.4倍までの速さ(マッハ数0.5~1.4)の流れを実現する風洞装置です.

マッハ数0.5~1.4
測定部径150mm×100mm
作動時間40s

J3ジェットエンジン

 J3 ジェットエンジン装置は耐爆・防音構造の実験施設内に設置されています.実際に推進機関を運転し,その性能が測定できる設備も備わっています.同じ実験室内では,推力1.2tonfのターボジェットエンジンや推力100kgfクラスのハイブリッドロケットエンジン等を使って,推進機関の作動特性の解明や新しいタイプのロケットエンジンの研究開発にも取り組んでいます.

推力1.2tonf
圧力比4.6

スペースチャンバー

 大気が存在しない宇宙空間での移動には特別な推進装置が必要となります.写真は,高真空の宇宙環境を再現するスペースチャンバー装置です.この装置を利用して,宇宙空間での移動を効率的に行うための推進システムの開発研究を行っています.

直径1.6m
長さ3m
真空度10-6torr

疲労試験機

 材料は大きな荷重を繰り返し受けると破壊しやすくなります.例えば,航空機の主翼は離着陸のたびに機体重量分の荷重の負荷/除荷が繰り返される厳しい環境にさらされています.このような環境における材料の耐久性,信頼性を保障するために写真のような疲労試験装置を用いて繰り返し荷重による強度試験が行われます.

最大荷重±10tonf
最大ストローク±25mm

引張・圧縮試験機

引張・圧縮試験機

 航空機,ロケット,スペースシャトルや衛星の主構造に使用される航空宇宙材料は軽量でありながらも,高強度高剛性を有することを要求されます.左の写真のような引張・圧縮試験機は,材料に対し引張あるいは圧縮荷重を負荷することにより,材料の有する強度特性を評価するために用いられます.

負荷容量50kN
試験速度0.0005-1000mm/min

試料水平型X線回折装置

試料水平型X線回折装置

 材料の微小構造は材料の機械的・物理的特性に影響を与える重要な因子のひとつです.材料の評価や信頼性の保証の観点から,材料中の微小構造を知ることはとても重要です.この装置では試料に対しX線を入射し,その回折パターンを読み取ることにより,微小構造の同定や物質の定性分析を行うことができます.

出力3kW